平成29年の出水法要は
5月10日から9月5日までです

1300年前から現代へ

初薬師縁日

薬師堂の本尊薬師如来の縁日は本来8日ですが、参拝の方々の御都合を配慮して、1月の第2日曜日に行います。
御祈願を申し込まれた方は薬師堂にて、大般若理趣分の転読にて御祈願致します。
御祈願が終わりましたら、水堂茶屋で御神酒と手作りのおでんを召し上がって下さい。祈願申し込みは前の年の年末に発送します。
この薬師堂大祭は、平成4年から始めた行事ですが、毎年100名程の信者の方々がお参りに来られます。

山開き

当山の本坊安福寺と奥の院水堂の間は、農林省の生活保全林に指定されています。主に、桜が多く毎年テレビ、ラジオ、新聞で報道されます。
4月1日を「山開き」の日として10日まで観音堂を開けます。

出水法要

水堂安福寺で一番大きな行事です。
期間は旧暦の4月15日から7月15日までです。期間中は出店、水堂茶屋が営業し毎日お祭りムードでいっぱいです。
お参りされる方は、観音堂にてご先祖様の回向をし、霊水堂に塔婆を供え、霊水をいただかれます。由来等は「由来」のコーナーをご覧下さい。
期間中3万人から4万人の方がお参りされます。

薬師堂縁日

出水期間中の6月8日、7月8日、8月8日に薬師堂にて大般若理趣分の転読にて御祈願致します。主に「絵馬」にて願いをかけられた方が毎回お参りされます。

観音堂御開帳

水堂観音堂の御本尊「聖観世音菩薩」年に1回の御開帳です。日にちは旧暦の6月18日です。

七夕祭り

九州では8月7日が、七夕です。水堂境内にある「親子地蔵」の前で、家族円満と子供の成長を願っておつとめ致します。どうして七夕に「親子地蔵」かは不明です。

施餓鬼会

秋彼岸の中日(9月23日)に安福寺本堂にて厳修します。特色は焼香の代わりに「みずいも」「なす」をみじん切りにし「洗米」と混ぜて、皿にのせ別の皿に移します。これで焼香とします。