平成29年の出水法要は
5月10日から9月5日までです

1300年前から現代へ

水堂安福寺の諸堂

水堂安福寺には4つのお堂があります。

本堂

水堂安福寺の中心となる本堂です。昔は念仏堂と呼ばれていました。昭和33年の建立です








観音堂

水堂の境内の中で中心となるお堂です。
宝永4年(西暦1707年)に建立されました。屋根は葦葺き(よしぶき)で、戸は昔ながらの鎧戸(※1)です。


※1.鎧戸(よろいど)細長い薄い板を、透き間ができるように何枚も斜めに並べてとりつけた戸。日光の直射を防ぎ通風をよくする。


霊水堂

本尊は聖観世音菩薩です。観世音菩薩を中心に左右に三体づつ、六地蔵が安置されています。
観世音菩薩の下より、霊水が出ます。六地蔵(※1)の前に新しい仏様の戒名や先祖代々を塔婆に書き、お供えされます。
※1.衆生(しゅじょう)がこの世で行ったそれぞれの行為のむくいとして、死後住まなければならない六つの世界。地獄・餓鬼(がき)・畜生・修羅(しゅら)・人間・天上の 六つの世界お地蔵様


薬師堂

このお堂は戦前まで佐賀市内の谷口鉄工所の菩提所(仏壇)としてお参りされていました。戦後維持管理が難しくなり、水堂へ寄進されました。彫刻は寺院のお堂とは違い、細かい細工が施されています。すべて、台湾檜の木材を使用されています。